お役立ち!おすすめ着物購入6サイト

知っておきたい古い着物の処分方法

ホーム > 着物の豆知識 > 知っておきたい古い着物の処分方法

知っておきたい古い着物の処分方法

祖母の物や実家の納戸より見つけられた非常に古い着物や帯が、好みにマッチしなかったり、古過ぎてシワなどが深刻で着用不可能な場合、どういったやり方で処分するのが良いのか悩む人は少なくありません。
ただ単にゴミに出す以外に、買い取ってもらえるケースなどもあります。
売りに出しても値段がつかなそうな物の場合、ゴミに出す人も少なくないですが、買取専門店には、値段がつかないものも買い入れてくれることもあり得ます。
最終手段としてゴミに出すケースでは、古布という形で出すなど、地方自治体により捨て方が規定されていますので、そのことに合わせ出すことになります。
しかし、古い着物でも思い掛けない売値がつくケースもあるので、可能な限りただ捨てるよりも専門店の査定を受けましょう。


リサイクルショップ並びに着物買取店で売り払う方法があります。
着物買い取りをする店は、多くの場合価値ある着物を手に入れて、自分の会社で手入れした後に中古着物という形で売っています。
注目されている柄や格が高いもの、レアな着物は、高額での買い取りが見込めるでしょう。
また、多種多様なものを取り扱っているリサイクルショップにおいても扱っている店がありますが、リサイクルショップより着物買取専門店のほうが、査定員にジャッジしてもらえるので最適です。
リサイクルショップで額面がつかなかった物が、専門店で高い金額で引き取ってもらえるケースもあります。
買取に関する手続きは、家へと出張してもらったり、宅配サービスで送って査定してもらって、納得すれば買い取ってもらえます。
いずれも手軽な手続きで、無料査定をしてもらうことができます。
専門買取店では、少し古い着物もひとまとめにして買い入れてくれる店も少なくないので、小物類も一緒に査定してもらうと、サービスしてもらえるケースもあります。


オークションサイト、あるいはフリーマーケットなどの手段で、着物を売り払う方法もあります。
人気を博している柄などは高い金額で買い取ってもらえるケースがあります。
しかしながら、一切合切を自らが行うため面倒なのと、着物の資産価値を正しくわかってもらえない可能性が考えられるのがウィークポイントです。
オークションへ出すときは、着物の状況が分かるように写真を撮影して、汚れなどがあれば撮影し、受け入れたうえで入札してもらいます。
この他には、近頃は祖母や母親より継いだ着物をリメイクしている人が少なくありません。
着物は着用しないけど手元に残しておきたいケースであるとか、思い出の着物をまったく異なる形で堪能したい人に人気になっています。
ブラウスもしくはワンピースやスカートなどの服にしたり、ウェディングドレスへとリメイクする人もいます。
日傘やバッグなどにリメイクする店もありますし、ポーチといった小物は、手芸ができる人なら速攻で作成できるでしょう。

次の記事へ

TOPへ戻る