お役立ち!おすすめ着物購入6サイト

着物の持ち込み買取のメリットとデメリット

ホーム > 着物の豆知識 > 着物の持ち込み買取のメリットとデメリット

着物の持ち込み買取のメリットとデメリット

着物の持ち込み買取に関してはプラス面とマイナス面があります。
ですので、活用する前に内容について把握しておいた方が賢明と言えます。
着物の買取そのものも適正な選択を行わないと損失を被ってしまう恐れがあります 。
持ち込み買取のメリットとしまして 、まず買取方法がシンプルということがあげられます。
持ち込み買取の使用者が査定へと出したい着物を店へ持ち込むのみで査定を受けることができることから、手間がかかる手続きをすることは不要です。
また、ほかの持ち込み買取のメリットとして、即座に査定スタッフに対して質問や値段の駆け引きをすることができます 。
対面での応対のため不安点や分からない箇所を手間をかけずに質問可能ですし、買取価格に納得できなければ、その場で査定スタッフに値段交渉することができます。


持ち込み買取のデメリットとしまして、別の買取手法と照らし合わせると、買取価格があまり高くない傾向があります。
店を運営管理するためには、テナント料金のみならず人件費といった費用がかかります。
その結果出張並びに宅配買取と比べると、買取価格の上限がおさえられている傾向が見られます。
また、業者によっては重量査定を行なっているケースがあります。
業者によっては着物を衣類として取り扱っているケースがあり、重量査定という着物の価値でなく重量のみで価格をはじき出す方法をしている業者があります。
さらに、多量の着物を持ち込むことは難しいといえます。
査定して貰いたい着物をクライアントがダイレクトに店へ持ち込むことから、査定してもらいたい物が多くある場合、何回かに分けて持ち込む必要があります。


労力をかけて着物を引き取ってもらうからには、買取に的を絞っている業者が安心でしょう。
リサイクルショップでも買い取って貰うことができますが、買取価格があまり高くない傾向が見られます。
着物はタイプも多く加えて資産価値もピンキリなため、商品価格も様々です。
以上のような要因から着物の資産価値を見定めるには、着物に関しての専門的な知識が求められます。
専門に取り扱いしている業者ならば、専門的な知識をあわせ持ったスタッフによって査定して貰える可能性が高まります。
それに対してリサイクルショップになると専門性無しの人が査定することが多いことから、着物の相応しい価値判断を行うことができず買取価格が低くなることが少なくないです。
ただし専門買取店は限られます。
都市には存在するでしょうが、近くで見つけるのが困難であるというケースもあります。
その場合は、ネットを有効に活用しましょう。

次の記事へ

TOPへ戻る